ジンハオの万年筆を購入しました。

本記事はプロモーションが含まれています。
ジンハオ 万年筆 万年筆レビュー

私は先日、JINHAO ジンハオ 500 万年筆 金属ペン F型細字ペン先0.5mmを購入した。初めてジンハオの万年筆です。

購入の動機は安くてデザインの良い万年筆が欲しかったから。結果、めちゃくちゃ安くてデザインも良し!

ただ、ペンが重くて、さらにインクフローが渋かった。トータルでは満足の買い物だった!と思いたい。

通販で購入して届いたのがこれ。送料込みで1608円が文句は言えないが。

ジンハオ 万年筆

封を開けて中身を出したらこんな感じ。

シンプルな包装でこれはこれでありだと思いますが、配達途中の破損が怖い(笑

基本情報

JINHAO(ジンハオ):1988年、江西省で設立、2003年上海に移転。JINHAOは、中国の伝統文化と西洋の現代的な文化を組み合わせています。
それぞれのペンは、専門の研究開発チームを設計され、最高品質の材料を使用して、
ISO9001:2000品質管理システムによって製造されています。

字幅F(細字)
ペン先スチール
サイズ収納時:137mm
キャップポスト:160mm
キャップポスト無:120mm
直径:12mm
重さ37g
インク充填方法両用式
キャップ嵌合式(カチッとはまるタイプ)

キャップポストしようとして、無理にキャップを尻軸に押し込んだら、キャップに不具合が起こりました。収納するため、キャップを閉めたら締まりが緩くなってしまいました。(泣

キャップポストはあまりおすすめしません。

created by Rinker
¥1,680 (2024/05/26 05:33:55時点 楽天市場調べ-詳細)

デザイン

ジンハオ 万年筆

デザインは2000円以下とは思えない高級感。予備知識なしの見た目だけで値段を当てるのは難しいと思います。

ブルーの模様がよく見ると「模様シールを貼った」感じがするけど、気にしなければそれまで。

2~3日使ってみて

ペンが重い。37gの重量は長時間筆記には向かない。(私の筋力では)左手でも右手でも使ってみたが、なかなか重い。

まだ、書き方、角度など、こちらの工夫次第でどうにかなる部分もあるだろう。

ジンハオ 万年筆

最後に

若干ハズレを引いた感は否めないが、もう少し頑張って使って様子をみようと思います。

インクフローが渋い事以外は万年筆を楽しむにはピッタリな1本。私の筋力では、長時間使うには重いので、気が向いた時にデザインと重さを楽しみたいと思います。

何より、コンバーター付きで1608円は安い。失敗しても良いから1本試したくなるジンハオの万年筆でした。

created by Rinker
¥1,680 (2024/05/26 05:33:55時点 楽天市場調べ-詳細)

【万年筆歴10年の左利き】万年筆レビュー ジンハオ 9019 万年筆 Dadao | みつけのしろうさぎ (mitukenosirousagi.com)

【万年筆歴10年の左利き】万年筆レビュー 英雄(ヒーロー)616 | みつけのしろうさぎ (mitukenosirousagi.com)

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました