【万年筆歴10年】左利きの万年筆レビュー(プラチナ プロシオン)

本記事はプロモーションが含まれています。
【万年筆歴10年】左利きの万年筆レビュー(プロシオン) 万年筆レビュー

2019年にプラチナ万年筆が発売したステンレスペン先の本格的な万年筆「プロシオン」。

ペン先が五角絞りで金ペンのようなしなりのある書き心地、アルミにマット塗装を施したカラフルで質感の良いボディ。

他にもプラチナが5年かけて作ったこだわりが随所にみえる本格的な万年筆です。

「とはいえ、左利きには使い勝手はどうか?」気になるところだと思います。

(レビューを探しても情報が少ないのが左利きの悲しい現実…)

【万年筆歴10年の左利き】が使ってみました。今までにない経験をしながら楽しく使わせて頂きました。

使ってみた結果、プロシオンは左利きでも存分に楽しめる万年筆でした。

デザインでは、初心者向けの万年筆とは一味違う質感があり、ペン先も大きく存在感がありました。カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいところ。

書き心地は文句なし。「スラスラ、サラサラ」した書き心地。

万年筆が楽しくなってきた方、2本目にどうですか?とオススメしたくなる万年筆です。

みつけのしろうさぎ

万年筆歴10年の左利きです。持っている万年筆はだいたい40本。新潟県在住の30代2児の父。
左利きの万年筆に関する情報が少ないのがきっかけでブログを始めました。左利きの方、万年筆に興味のある方のための情報発信をしています。

みつけのしろうさぎをフォローする

プラチナ プロシオン

プラチナ万年筆:1919年に中田俊一さんが万年筆製造メーカーを創業。1924年に中屋万年筆を創業。戦時中は零戦を作っていたこともある。(のちに戦闘機の組み立てで培った金属加工技術が万年筆に生かされる)

1942年に中屋万年筆からプラチナ万年筆へ。1956年世界初めてカートリッジ式万年筆を実用化。

プロシオン:名前の由来は犬座の恒星プロシオン。21個ある1等星のうちの1つ。

生活の中でキラリと輝くアクセントになる万年筆をコンセプトに作られました。また、万年筆の新しい可能性に挑戦する道標となるよう名付けられた。

  • 使いやすい重量バランスのアルミボディ
  • 手に馴染む特殊塗装
  • 鮮やかなボディカラー
  • 五角絞りのステンレスペン先
価格6600円(税込み)
字幅F(細字)M(中字)
ペン先ステンレスペン先
ボディ素材アルミ(マット塗装仕上げ)
ボディサイズ収納時:140㎜
筆記時:156㎜(キャップポスト有)
筆記時:120㎜(キャップポスト無)
最大軸径:14.4㎜
重さ24g
インク充填方法両用式(カートリッジ、コンバーター)
キャップねじ式

ネット通販でまだ5000円~6000円ぐらいで売ってます。2024年2月5日現在。

created by Rinker
¥5,280 (2024/05/26 05:56:19時点 楽天市場調べ-詳細)

唯一無二のサイズ感。

収納時の長さは約140㎜。サインペンより少し短いぐらいです。

重さ24gは持った時にしっかり重みを感じます。サインペンと比べると明らかに重いです。

太さはサインペンより少し太い程度。

キャップポストした状態の長さは156㎜。サインペンと比べると少し長いぐらいです。

キャップもアルミ素材なのでそれなりに重い。キャップポストすると後ろが結構重くなります。

キャップポストした長さはパイロットのカスタム74などと同じ長さになります。

キャップポストしない状態の長さは120㎜。サインペンより明らかに短いです。

ペンの重さはキャップ分が減るので少し軽くなりますが、持つと少し重さを感じます。

サインペンと比べると重さの違いが良く分かります。

この短さと重さのバランスは他の万年筆ではありません。

マットで落ち着いた質感と存在感のあるペン先。

まずこの鮮やかな色味が目を引きます。低価格帯の入門万年筆とは違うカラフルで落ち着いた質感がgood!雰囲気のある本格的な万年筆です。

アルミボディに特殊塗装した本体ですが、握った時の触り心地はサラサラでとても良い。カラーもビビットで見ていても、書いていても楽しい万年筆です。

驚いたのはペン先の大きさ。もっと高い万年筆に使われているペン先のサイズ感でした。プレピーと比べても一目瞭然。(左がプロシオン)

ペン先が大きく、胴軸が短いという今までにないバランス。

今までになかったので少し慣れが必要でした…(キャップポスト無の場合)

スラスラとした書き心地。私には多少の慣れは必要でした。

私が購入したプロシオンは字幅は細字(F)です。

書き心地はスラスラとした書き心地です。多少のしなりもあり、強めの筆圧もしっかり受け止めて安定して書けます。

しかし、プロシオンのサイズ感に少し慣れが必要でした。(※成人男性170㎝が使った感想です)

キャップポストしない場合は短くペンを握る時に少し窮屈。キャップポストする場合は長く、ペンの後ろが重くその重心バランスに慣れが必要した。

絶妙に書きやすい長さを外しているので、それぞれのサイズ感に慣れが必要です。

現在、インクはプラチナのカートリッジインク(ブルーブラック)を使っています。

今回ちょっとした発見をしました。

普段はキャップポストしないで万年筆を使っていましたが、今回キャップポストして快適に使えそうな書き方を発見しました。

キャップポストした場合、後ろが重くなってその重みが筆記時にストレスになっていました。

今回発見した書き方はキャップポストした状態で少しペンを立てると楽に筆記が出来ることに気づきました。

ペンの重みでペン先が紙に接地するので、筆圧がいりません。私はただ力を入れずに文字を書くだけ。

これを発見した時、「これはいけるかもしれない」と嬉しくなりました。

今度、今回気づいた書き方で他の万年筆でもキャップポストした状態で気持ちよく書けるか試してみたいと思います。

今回の発見のように自分なりに万年筆の楽しみ方が広がっていくとワクワクしてしょうがいないです。

追記:キャップポストして書くスタイルにしばらく挑戦しましたが、比較的小さい字を書く私には合わず、現在はほとんどの万年筆をキャップポストしない状態で使用しています。

2本目以降に楽しい万年筆

私はプロシオンを使ってみて、初心者にはオススメできないなと思いました。

理由はそのサイズ感。成人男性170㎝の手の「押し書き」には相性が悪いサイズ感だったからです。

しかし、1本目にはオススメ出来なくても2本目にはオススメ出来ます。

なぜなら、サイズ感以外はとても好印象だからです。(値段、ペン先の迫力、色合い、質感、その他諸々)

2本目を安く質感の良い万年筆が欲しいならプロシオンはオススメです。

1本目で万年筆の扱いに慣れた方なら充分に楽しめる1本です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。左利きの方、万年筆初心者の方の役に立てれば幸いです。

created by Rinker
¥5,280 (2024/05/26 05:56:19時点 楽天市場調べ-詳細)

みつけのしろうさぎ

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました